住宅ローンの無理のない返済額っていくら?

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

その理由として一番大きいのがやはり収入面です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

自分の家が欲しいと考えたとき銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

けれども、数ある金融機関の中からどこを選択すればよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申し込みさえすれば通るだろう。

という甘いものではない事を心しておくと良いです。

将来、家を買うために住宅ローンを考えている方は融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行ではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に割引される嬉しいサービスが付いてきます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。

頭金無しでも住宅が購入できる!という広告もありますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。

その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。

この保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、あといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中では調査によると40%の方が利用しているそうです。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方も何がなんでもオーバーローンにならないようにして下さい。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

もしも、法律違法な契約が見つかった時には中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

とても簡単に申請でき近場にある金融機関で可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申請後は審査があり、支払が始まった場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくてローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

住宅ローンを組むと、毎月の返済に追われる暮らしが始まります。
それはマイホームを購入した人にとっては当たり前の事ですが、やはり購入するなら少しでも無理のない返済額を意識したいものです。
そんな無理のない返済額は以下の方法で計算する事が出来ます。
「(①収入-②住宅費以外の出費-③住宅維持費-④貯蓄金)÷12」まず①の収入はボーナスを含めた年間の収入となります。
次に②は生活費など日常的な出費となります。
そして③は固定資産税や光熱費など、住まいにかかるお金を算出したものとなります。
最後の④は、教育費や老後資金など別に貯蓄しておきたい金額をまとめたものです。
以上の4つの数字が揃えば、後はそれらを足して12で割るだけで、大体の月返済額が求まります。
平均して10万円前後が毎月の返済額と言われていますが、今ではこうした計算もネット上のシミュレーションを使う事で簡単に求まります。
住宅ローンを組む際には毎月の返済額をしっかり意識した上で、無理のない返済プランを立てていきましょう。

参考:住宅価格は消費税増税で上がる?住宅ローンと消費税!【建物価格!】