プログラマーへの転職は難しい?

様々なシステムは全て無数のプログラムから成り立っていますので、新しいシステムを発注・開発する際にも、既存のシステムを手直し・メンテする場合にもその内容をいじれるプログラマーはIT業界における必須職でもあります。
ただ、より大きな枠組みでシステム構築を行ったり、プロジェクトそのものを統括するようなシステムエンジニア(SE)、プロジェクトマネージャー、ディレクターが兼任でプログラミングを行うことも多いので、純粋なプログラマという存在は、大体SEなどの職に比べると下位互換だと言えます。
プログラマーへの転職に必要なものは、まず業務に必要なプログラム言語知識です。
しかし、この言語知識は会社や案件によって変わることも多く、また日進月歩の関係上、これを習得しておけば安心というものがありません。
転職で給料アップする人ってどんな人?【同業種・実績・キャリアの要点】